流離猫だいありー

オッス!マナカレの方歓迎です・・・なんて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やなぎなぎさんのライブ little ice に行ってきました

mixi用に書いた日記を加筆修正して投稿してます

8月19日に渋谷DUOで行われた
やなぎなぎさんのライブ「little ice」に行ってきました。

軽くライブレポ風に書いてみます。
※記憶が曖昧だったりセトリおかしいところありますが適当に。


前回のlittle dropと同じライブハウスです。
little dropは整理番号2桁で前から4列目ぐらいに行けたのですが今回はA300番近くだったのでゆったりと会場に到着。整理番号Bと当日券もあったらしいので600人ぐらいだったのでしょうか。
ライブ前の物販もあったのですが前回と同じグッズだったので今回は何も買いませんでした。
入口は混み合ってましたが入場はサクサクと進みドリンクを貰って場所を探しました。
DUOは幅が広くて中央付近に立つ巨大な柱の後ろ以外だったらどこからでも出演者が見えるような造りなので何処に居ても見えるのですが、遅く入場した人たちは少し段差のある後ろの方に固まってました。
なので段差の前側の背が低いと前の人の頭で見えないような場所はスカスカ。
そこで背が低い女の子の後ろに陣取りました。
端なので柵のようなものがあったのですが、その柵の下に立てそうなスペースがあり乗れば全体を見まわせそうな感じでした。
しかし乗っていいのかわからずライブ中盤までは前のお兄さんの頭の隙間からステージみてました。
いい場所を取れてBGMとして流れてるなぎさんの曲に癒されてたらあっというまに開演。

まずmaoさんがでてきました。
すみません。
maoさんの曲は初めてきいたのでセトリは思い出せません(;_;)
力強い歌声で優しい歌詞を歌いあげてました。
歌唱力というか歌うまいです。なぎさんが癒し系だとすると
maoさんはパワータイプ。
聴いてるだけで力を貰います。
力強い歌声で繊細な曲を歌われると心が奪われます。
会場を盛り上げようとアップテンポの曲を2曲ほど歌ったのですが皆棒立ちでした。
ノリが悪いといわれても仕方が無いような。
俺も手拍子だけでした(´・_・`)
乗りたくても周りの空気におされちゃう人が多いんだろうなー。
2曲終わると宣伝。
シングル発売のお話とライブ2日連続という話。
「2日連続歌えて幸せ」
とっても嬉しそうな笑顔でした。

その後メンバー紹介。
音楽業界は狭いから悪いことできないね。とmaoさん。
バンドのメンバーと意外なところで繋がってて驚いたと言ってましたね。

そしてあっという間に最後の曲に。
最後の曲はしっとりと。
ちょっとぷっくりしてらっしゃるmaoさんからは細いけど力強い声が出ていて、
しったりパワフルな歌声を聞かせて頂きました。
最後の曲が終わると拍手と共にmaoさん、バンドメンバーが退場。

maoさんの歌声、結構好きでライブ後にCDを買おうと思ってたのですが
なぎさんのサプライズ曲で余韻に浸りすぎてたのと
ゆったりとしてたら物販が混んでたのとで帰ってきてしまいました。
CD探してみようかな。

その後バンドのセッティング…
15分ぐらいかな、結構長く感じたのは待ち遠しかったからなのか。
バンドのメンバーもmaoさんとなぎさんで違くてドラムの機材セッティング等に時間がかかってた気がします。
次はなぎさんの出番だと確信して柵の僅かなスペースに乗ったのもこの時間です。
怒られませんでしたしステージもよく見えました。ここに乗ったことで吹っ切れたのかもしれません。
慌ただしいセッティングが終わりざわめく会場。
照明が暗くなると鎮まるざわめき。
この瞬間のドキドキが堪らないですよねー!
くるぞ!くるぞ!的なやつです。
暗いままバイオリンのメロディーが流れます。

1曲目は2ndシングルの
1.Ambivalentidea!
歌の出だしと同時に姿を表したなぎさんは
とても可愛らしい衣装を身に付け登場しました。まるで天使のように見えました。
もはや天使でひた。
緊張してるのか震えてたりしてたけどそれも生の良さ。そう生の良さです。
リリースの時に歌うのが難しいと言っていたこの曲が最初とは…。
CDからは絶対聞けない生歌で鼓膜が癒されました。

2曲目はビードロ模様のカップリングの
2.concent
作詞作曲がなぎさんのやなぎなぎテイストのあふれる曲!
ドラムのお兄さんがパワータイプでスネアのショットが力強過ぎたのですがそれに負けないシンセサウンド。
生だと楽しいですね。
ドラムのお兄さんはmitsuさんという方。

挨拶と軽くMC
ドラムの軽いトラブルでMCを繰り上げ。
MCは富士登山をしたよーって話。
体力つけてライブで動きまわりたいとのことで富士登山をしたなぎさんはかっこいい!w
今回は、まだ体力に自信が無いとのことでしたが
次は動きまわりたいとのこと。楽しみだ。
MC中に「水を飲ませてください」と水を飲むなぎさんは今回見れませんでしたが
そんなほのぼのなMCがなぎさんのいいところかもしれません。


3.helo effect
Ambivalentideaのカップリング曲で盛り上がる曲ですね。
サビのスピード感が大好きです。
イントロでギターのお兄さんに惚れました。

なぎさん曰く、
「盛り上がる曲が無いからどうしよう」
とのことでしたがそんなことは無いと思うんですけどね。
確かに5月のライブはあまり盛り上がらなかった気がします。
ファン層が盛り上がれないのかもしれない…w癒されたい人が多いとか。
私は盛り上がって癒されたいので盛り上がれる曲は暴れました( ̄ー ̄)

次は盛り上がるカバー曲ということで
相対性理論の
4.地獄先生と
5.四角革命
なぎさんのカバー曲は何曲も聴いてますがやはり新鮮ですね。
地獄先生は盛り上がった!
いやー本家より可愛いよかった!
ねぇせんせー知らないこと知りたいのー教えて
まだ女子高生でいたいよ...

相対性理論のファンが凄い雄叫びあげてる人がいたことが印象に残ってますw



告知をはさみ、3rdシングルリリース決定のことと…
ライブツアー開催のお知らせ!!
大阪、名古屋、東京のツアーのお知らせで舞い上がる会場。いやー嬉しいですね!
おめでとう!
新曲はBPM200近いロック調らしいです。
ElementsGardenの藤田淳平氏が作曲ということで楽しいですね。
ちなみにツアーライブは当日の22時から応募開始だったので帰り道に応募しました\(^o^)/

告知が終わって
「しっとり2曲いきますので眠たい人は立ちながら寝てください」と
5.環
6.CorLeonis
の2曲を演奏。
寝れるわけないじゃないですかぁー!
どっちも大好きな曲です。
CorLeonisから出してる曲はどれもしっとりで
なぎさんの癒しの歌声にぴったりなんですよね。
歌詞が切ないCorLeonisでは涙腺から汗がでてきそうでした。


しっとりと2曲を歌ったなぎさん。
今度は盛り上げる盛り上げる。
「次で最後の曲です。」
えーっ
「次は11月のツアーで^^」
あはははww
「1曲だけ盛り上がれる曲をまだ歌ってないんですよ。なんでしょうね。」
7.ビードロ模様!

なぎさんもMC慣れしてきた様子を見せつつ
最後の曲はメジャーデビュー曲の
ビードロ模様。
この曲もなぎさんのライブでは必須だと思います。
オリジナルよりだいぶリズムが速くでドラムのお兄さんがオーディエンスを煽ります。
ベースのお兄さんも煽ります。
それに応えるように皆がこぶしを挙げて…
あれ……挙げない……。
こぶしを挙げてるのはベースのお兄さんと俺とサイリウム組数人…。みんなぁぁぁぁぁ!!!
みんな手拍子はしてました。
私がどんだけ暴れようとも端の後ろの方なので周りに拡散しないのです。
真後ろの人はつられてたみたいだけど。

曲が終わり拍手と共になぎさんとバンドメンバー退場。アンコールは掛け声なしの手拍子。
パンパンパンパンパン…
パンパンパンパンパン…
うーん…。
5分ぐらいですかね。
手拍子しすぎて腕の感覚が鈍ってきた頃になぎさん、メンバー再登場!
そしてメンバー紹介。
ツアーも同じメンバーで回るらしいです。
ドラムのお兄さんの活躍に期待w
そしてなぎさんのMC
「メジャーデビュー前にいろいろなところで歌わせていただきました。」
「2年間ゲストボーカルとして歌わせていただきました。」
うおーー!!とヒートアップする会場。
凄まじい歓声。
おまいらそんなにエネルギーあったのか…。
「私と星を見にいきませんか?」
うおおお!!

8.君の知らない物語
そして始まるsupercellの君の知らない物語。
なぎさんのメジャー進出の曲をこの場で聞けるとは…。雄叫びあげてすみませんでした。
何百回も聴いたであろうこの曲の生歌はすごく新鮮で聞けたことが嬉しくて飛び跳ねてました。
ニコニコ動画でなぎさんの歌声を知って、
ニコニコ動画やMysoundでなぎさんの曲を漁って、声に魅了された頃にでた君の知らない物語。
会場のボルテージもマックスです。皆この曲を待ってたんですね。
私もテンションマックスです。テンションマックスでノリノリでありながら
嬉しくて泣いてましたw

そんな盛り上がりを見せた君の知らない物語が終わりいよいよ本当に最後の曲。
9.深遠
なぎさんのライブはこの曲がないと締まらないです。
もし歌わなかったらダブルアンコールやっちゃいますよ。それくらいに好きな曲です。
何百回も聴いてる曲でしかも生歌も数回聴いてるのですが決まって涙腺崩壊します。
曲自体もとても切なくしっとりとしていてさらに最後の曲というのが拍車をかけて僕の柔らかいハートを刺激してきます(^▽^)
この曲で最後だと思うと(;_;)
やなぎなぎさんを知らない人でもぜひこの深遠だけ聞いてみて欲しいと思います。

最後の曲も終わり退場の拍手は真っ赤になるほど叩きましたよ。
ありがとー!って叫びました\(^o^)/
叫ぶと気持ちいいよね←厄介

皆さん終わったらそそくさと退場。
自分はですね…余韻に浸りたいやん…。
人がはけるまで座って関係者席見てました。
なぎさんと一緒に活動してるbinariaのメンバーだけ容姿がわかるのでいないかなーと見てたんですけど暗くてよくわかりませんでした\(^o^)/
Twitterによると本人達が来てたと呟いてたのできっといたんだろなー。

ライブの感想です。
なぎさんのライブは盛り上がりに欠けてしまうのだろうか。自分だけ盛り上がってる人(サイリウムの人とか一番後ろの人とか私)もいるけど恐らく前の方にいたら周りに影響されて手拍子だけだったと思います。
体動かさないのが盛り上がりに欠けるとかじゃないけどどうせなら楽しみたいじゃない。
なぎさんも毎回そういう話題出してるしオーディエンスももっと盛り上がった方が一体感がでると思います……って何様だ。
まあ楽しみ方なんて人それぞれなんで一々口出すことじゃないんですけどね。
ただ盛り上がれるのにまわりに負けて盛り上がらないのはつまらないじゃない。

あとアンコールの時に声なしで手拍子だけなのに違和感。
ライブ経験が浅い自分は、掛け声なしだとなんだかなぁってなるんですけどこれって普通なんですかね。
出せるのならアンコールって言いたい。
むー暗黙の了解とかあるのか知らんが次は自分からアンコール言ってみようかなぁ。
手拍子だけのアンコールに素っ気なさやオーディエンスの甘えを感じてしまったんですよね。

そんなこんなでライブは最高だったんですけど
オーディエンスがもっと盛り上がったらなぁと思ったライブでした。
だから次のツアーで最前とってこぶし振りまくって叫んでアンコール言うんだ。
妙なところのやる気にスイッチが入った気がするw

聴き手の盛り上がりなどちょっと残念に思ったりしたところもありましたが
やっぱりなぎさんの生歌は素晴らしかった。
透き通った声をずっしりとしたバンドの演奏で楽しむのもライブならではの醍醐味ですね。
そして君の知らない物語を聞けたこと。
初めてライブで歌ったらしく歌えて嬉しいと言ってました。
きけて最高でした。
ありがとう、なぎさん!

次は11月。また、なぎさんのライブにいって全力で癒されたいと思います。
[ 2012/08/20 22:22 ] 音楽 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/11 07:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。